データサイエンス再入門

最近、こちらの続きをぼちぼち続けている。(2年前かぁ。。) 今回は特にブログにしないで、Jupyter Notebook 形式でそのままリポジトリにコミットするようにした。 再開しようと思ったのは、github で ipynb ファイルがブレビューとして表示されるのを知って面白そうだと思ったのと、最近、pandas を業務で使う頻度が増えてきたから。 まあ、pandas はデータ分析のために使用しているわけではなく、CSV ファイルとその CSV の内容がデータベースに登録されているかどうかの »

以前 Rust で作成した CircleCI API クライアントをリファクタリングした

1年ほど間に Rust で作成した CircleCI API のクライアントツールを久々に見てみたら、色々と直したい箇所があったので、リファクタリングした。 とりあえず、リファクタしてみた箇所は、2箇所。 API で取得した JSON データを struct でマッピング。 ビルドのステータスを表すクラスを enum にする。 API で取得した JSON データを struct でマッピング 今までは、API で取得した JSON データをそのまま、配列やハッシュとして処理していたが »

Swift実践入門の Github API Client を Rust で実装してみた。

以前、読んだ「Swift 実践入門」で、サンプルとして作成するGithub CLI ツールを Rust で書き直してみた。 今回のツールを作成するにあたり、なるべく unwrap を使用しないようにした。 (元々のコードがエラー処理などをちゃんとしているので、真似ただけとも言える。) 今までは、なんとなく書いていると、Option や Result などがあると、unwrap して手を抜いてしまっている場合が多かった。 今回は、独自のエラーの enum を作成するなどしてみた結果、色々と勉強に »

Swift実践入門を読んだ

Swift実践入門を読んだ。 Swift が発表された時には、ドキュメントをダウンロードしたり、 トレンドなどを追っていたのだが、Swift 2.0 あたりからあまりキャッチアップできていなかったので、 これを機にまた勉強してみようと思い、購入してみた。 読んだ感想としては、基本的な部分から丁寧に説明しているので、Swift 初心者でも読めるのではないかと思った。また、 Swift 自体は、言語仕様が当初に比べると複雑になっているなという印象を持った。 これは別に悪い意味ではなく、protocol »

暗号技術入門を読んだ

年末年始にかけて暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリスを読んだ。 読んだ感想としては、とても良かった。 今まで断片的に知っていた公開鍵暗号やSSL、それを支える技術などが体系立てて学べて良かった。 内容としては、暗号の歴史から始まり、、対象暗号、公開鍵暗号などの暗号技術、またそれら暗号技術を実際に使っているSSLなどの内容になっている。最新の第3版ではブロックチェーンなどの解説も追加されている。 これらの内容が非常に分かりやすく、読者が疑問に思うであろう点などが 詳しく解説してあったりして »

Rust の開発環境を構築する(Visual Studio Code)

最近 Rust の環境を再構築したので、そのメモ。 とりあえず、Visual Studio Code(以下、VSCode) を使用して コード補完 定義元への移動 シンボルへの移動 ソースの自動フォーマット デバッグ ができるようになった。 (OS は macOS Sierra で、XCode のバージョンは 8.1) 以下、構築手順。 Rust をインストール まずは、Rust のツールチェーンマネージャーの、rustup をインストール。 下記のコマンドを実行し、インストールす »